« 後藤社長の、地道な姿に迫力を感じてしまう | トップページ | 番町にある、「心・技・体」和食処 »

2012年10月24日 (水)

門前仲町の蕎麦人の、心を熱くしているものは・・・?

そば処たぐり庵 樋口広見さまのご紹介

平成元年「門前仲町」に店を構え、
地元、門仲人(もんなかじん)になってしまった九州男児。

いっけんクールに見えるけれど、蕎麦にも数字にも研究熱心
ご自身でのエクセル出納帳入力は「お金が見える」と好評。

2


3ヶ月毎のご訪問では、月次決算書を前に、そば粉・小麦粉などの値上げの粗利益へ影響。アルバイトに帰ってもらう時の気遣い。などなど話は尽きない。
木田「ランチが豪華になっているけど。値段据置き?」
社長「うん、お客さん、ランチに来てくれるんだからさ~、思いっきり食べてもらいたいじゃない!栄養バランスも考えてさ~」
木田「粗利益は大丈夫?」
社長「腹決めちゃったさ~!」そう話すときの、樋口社長の照れくさそうな、楽しそうな目がい~ぃ!!

お蔵入りしてしまった蕎麦メニューの話は、涙が出るほど笑える(社長ごめんなさい)
木田のお勧めは、『ランチ』と『イベリコ豚肉南ばんそば』
もうひとつ、私の愛するメニューは、ひ・み・つ・・・ふふ

(そば処 たぐり庵)
住所:東京都江東区門前仲町1-12-8
電話番号:03-3643-7398
門前仲町3番出口から徒歩1分

« 後藤社長の、地道な姿に迫力を感じてしまう | トップページ | 番町にある、「心・技・体」和食処 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門前仲町の蕎麦人の、心を熱くしているものは・・・?:

« 後藤社長の、地道な姿に迫力を感じてしまう | トップページ | 番町にある、「心・技・体」和食処 »